非戦を選ぶ演劇人の会 非戦グッズ販売
上演台本の公開
非戦バルーン
ホーム会の紹介最新の活動情報過去の上演記録上演台本の公開ブログメールマガジン
チラシ
チラシ拡大イメージ表(PDF)

チラシ

カンパ募集中!
この会の運営は全てカンパによってまかなわれています。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
(一口1,000円より)

▼振込先
みずほ銀行 吉祥寺支店 普通預金
口座番号:1303466
口座名:非戦を選ぶ演劇人の会(ヒセンオエラブエンゲキジンノカイ)
最新の活動情報

イラク・クルド自治区報告会 ※終了しました!

―エイドワーカーの避難民支援の報告と演劇人が見た難民・避難民の現実―
イラク北部のクルド人自治区は、"イラク" とは思えないほど治安が安定している。数十キロ先は超過激派との戦闘が続き、空爆も連日行われているまさに "対テロ戦争の最前線" でありながら、自治区内はまるで別世界。昨年1月からアラブ地域で "対IS作戦" が始まり、再び激増したイラク国内避難民は320万人。ISに襲われ、"対IS" の空爆に戦火を追われた人々が、安全を求めてこのクルド人自治区にやってくる。

日時:2016年1016日(金)18:30〜21:30
場所:慶應義塾大学三田キャンパス・北館ホール
参加費無料
 ※資料費として500円のご協力をお願いいたします。
出演:高遠菜穂子(エイドワーカー<人道支援家>・イラクホープネットワーク)
出演:坂手洋二(劇作家・演出家)、篠原久美子(劇作家)、小林あや(俳優)


第一部:エイドワーカーの避難民支援の報告(高遠菜穂子)
2015年9月15日〜24日まで、イラク、クルド人自治区で、シリア難民のキャンプの他、ファルージャからのIDP(国内避難民)などの聞き取り調査と食糧支援、医療支援を行った、エイドワーカー、高遠菜穂子による報告。

第二部:リーディングとトーク・セッション
第二部:日本の表現者は難民・避難民の現実に日どう関われるのか?

出演者:高遠菜穂子・坂手洋二・篠原久美子・小林あや・他
今回の難民・避難民の支援プロジェクトに同行した演劇人、篠原久美子と小林あやと、坂手洋二も交えて、演劇人の視点で見た難民・避難民の現状と、日本の表現者がどのように関わり合えるかを話し合う。また、報告記を基にした、俳優による短いリーディングも行う。

▼出演者プロフィール
◇高遠菜穂子(たかとお・なほこ)
イラク支援ボランティア。1970年、北海道生まれ。大学卒業後、会社員を経て地元で飲食店経営に携わる。2000年インドの「マザーテレサの家」、2001年からタイ、カンボジアのエイズホスピスでボランティア活動に専念。2003年5月からイラクでの活動開始。2004年4月にイラク・ファルージャで「自衛隊の撤退」を要求する現地武装勢力に拘束された。解放後、日本国内で「自己責任」バッシングを受ける。現在もイラク人道・医療支援活動を継続中。「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」呼びかけ人。著書に『戦争と平和 それでもイラク人を嫌いになれない』(講談社)『破壊と希望のイラク』(金曜日)など、共編訳に『ハロー、僕は生きてるよ。ーイラク最激戦地からログイ ンー』(大月書店)。

◇坂手洋二(さかて・ようじ)
劇作家・演出家。燐光群主宰。1983年燐光群旗揚げ。『屋根裏』『だるまさんがころんだ』等により、岸田國士戯曲賞、鶴屋南北戯曲賞、読売文学賞、紀伊國屋演劇賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞。戯曲は海外で10以上の言語に翻訳され、出版・上演されている。日本劇作家協会会長。日本演出者協会理事。国際演劇協会日本支部理事。

◇篠原久美子(しのはら・くみこ)
劇作家。劇団劇作家代表。昭和音楽大学非常勤講師。非戦を選ぶ演劇人の会実行委員。公務員、舞台照明家を経て劇作家に。1999年『マクベスの妻と呼ばれた女』で日本劇作家協会優秀新人作品に選出、2000年『ケプラー・あこがれの星海航路』で文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作。2013年、震災後の演劇を考える児童・青少年演劇劇団協同組合合同公演『空の村号』で斎田喬戯曲賞。演劇教育にも携わり、2010年、実践記録『子どもたちと一緒に脚本を作る』で、演劇教育賞・特別賞受賞。劇作ワークショップなども行っている。

◇小林あや(こばやし・あや)
俳優。1992年より流山児★事務所に参加。本公演からアトリエ公演まで様々な作品に出演する他、t.p.t、椿組、プラチナペーパーズなどにも出演。2001年よりフリーとして活動。楽天団、燐光群、N.S.F.などに出演する。映像では、映画『竜宮、暁のきみ』の他、あらかじめ決められた恋人たちへ、SONIC RADIOなどのミュージックビデオにも出演。「非戦を選ぶ演劇人の会」の実行委員であり、最近はリーディングの出演も多い。FM中央『うら!のーと みなみずむ』映画コーナー2012年レギュラーゲスト。演劇教育や市民講座のワークショップ・ファシリテーターとしても活動中。


▼問い合わせ先
非戦を選ぶ演劇人の会
TEL:070-5457-2003
E-mail:info「@」hisen-engeki.com
※迷惑メール対策のため「@」の前後の「 」外してお送り下さい。
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/HisenEngeki
公式ツイッター: https://twitter.com/hisenn_enngeki

主催:イラクホープネットワーク・非戦を選ぶ演劇人の会
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク・慶應義塾大学藝文学会
(C)2003-2015 "HISEN WO ERABU ENNGEKI-JIN NO KAI" All Rights Reserve